虚空に漂いて・・

ネタとゲームと料理など 徒然に書いていきます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
CIMG0901.jpg

もっと乗っけた方が
おいしそうに見えたかもしれない(´・ω・`)


というわけで いくらですよ いくら!
あの伝説の高級食材です (・ω・)<ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
9月ごろからスーパーに並びはじめますね 生筋子
というわけで、小学1年の可憐な闇輝が食べ過ぎて2日酔いになった禁断のレシピを公開!



CIMG0882.jpg

材料
筋子(すじこ) 漬けたい分だけ
醤油     適量
酒      適量

道具
網(魚焼くものなど)
ボール(金属製の調理器具のほう)
ビン (筋子が入り密封できる清潔なもの  タッパー等でもいい)


酒などの分量に関しては下記で触れるので安心してくださいな



手順
1、筋子をボールの上に置いた網の上に乗せる(この時 皮のついているほうを上に)

CIMG0884.jpg 

2、手でゴリゴリ押さえつけながら網に擦る
ちょっとやそっとじゃ破裂しないので多少荒々しくてもOK!

CIMG0887.jpg 

3、するとあら不思議 皮と粒に分かれます

4、水で一回洗いましょう 稀に皮が残るので除きます

5、水気を切ったいくらにかぶる位に醤油と酒を同じだけ加えます

CIMG0888.jpg


6、清潔なビンに封入します

7、一晩漬けたら食べれます 皮が硬くなりますが一週間以上保ちます(清潔なら)



一般のレシピと違うのは網を使うという点ですね 
我が家も以前までぬるま湯の中で 長時間皮を除くという作業をしてましたが
この方法だと あっという間にできるのですよ!

味付けはだしを入れたり みりんを入れる方法もありますが
我が家はこの味が多いかな
アルコールがダメなお方はアルコールを飛ばした漬け汁にするとよいでしょう
ただしアルコールをとばすと劇的に日持ちしなくなるので注意
上に書きましたが 子供が量を食べると  「酔います」

食べ方はいくら丼でも酒のつまみにも如何様にもです
取り分けるときは必ず綺麗なスプーンなどで分けましょうね
スポンサーサイト
CIMG0507.jpg


たらこの煮付けですよー



まぁ 正直 何の変哲もない煮つけなんですが
好物なんだからいいじゃないヽ(`Д´)ノ
生たらこはなかなか手に入らないので、我が家ではご馳走だったり


材料(3人前くらい)
生たらこ    7本くらい
しょうゆ    おおさじ2強
酒       おおさじ2強
みりん     おおさじ2
ざらめ     おおさじ1


CIMG0499.jpg

生たらこは塩漬けではない
生のものを用意してください


お魚屋さんなどにあったりします
間違っても「塩漬けのたらこ」なんて煮付けるんじゃないですよ
お兄さんとの約束です(・∀・)



手順
1、なべにたらこ以外の調味料を全部いれ、沸かす

2、沸騰してざらめが溶けたら、1にたらこを投入し
弱火にし、ふたをして3~4分煮る

CIMG0502.jpg

3、蓋をはずし、中火にし、残りの汁をたらこに絡ませながら
煮汁がカラメル状になるまで炊き上げる


4、完成 冷めないうちにどうぞ



コツは・・強火にしすぎると、たらこが景気よく破裂します (-∧-)チーン
かといって弱火で煮詰めると硬くなりますね こればかりは経験
レバーの煮付けもそうですが さめると全然味が変わります
出来立てがかなり美味しいので、ご飯の直前に作りましょう

たらこがふんわりして美味なこの煮付け
皆さんもぜひお試しを~☆
CIMG0516.jpg

「お魚を食べたらゴボウでしょ」 ということで
我が家の漬物の紹介をば


愛知らしく、赤味噌漬けですよ~ 
なじみのないお方も多いのではないでしょうか?
山ごぼうと菊芋の両方のレシピを書きますが
要は漬けるだけなので どちらが欠けても問題はないです


CIMG0512.jpg


山ゴボウってこんな感じのです

材料
山ごぼう      1袋
菊芋        1袋
赤味噌(八丁味噌)  1kg
ざらめ       おおさじ2
みりん       おおさじ1


菊芋は手に入れるのが難しいかと~(旬は秋)
山ごぼうは非常に柔らかいので漬物に向きます
普通のごぼうでの代用は不可かと(´・ω・`)



手順
1、ごぼう、菊芋は皮をむかず、たわしなどで泥を落とし、ひげや傷のあるところを取り除く

2、これらを水で洗い ざるに乗せて水をきる

3、タッパーなど、密封できる容器に、味噌、みりん、ザラメをいれ混ぜる

CIMG0514.jpg

4、その味噌にごぼう、菊芋を埋める
(味噌がかぶるように


5、2週間ほど漬け込んだら食べごろ


コツは・・ぬれたまま材料を入れないこと 速効で痛みます
連続で漬けていれば 味噌は2~3回分は持ちますね
白カビが浮いてきたら そこだけ取り除けばOKです

材料さえあれば意外と簡単に出来るのでぜひお試しください
食事の箸安めにいい感じですよ♪ 
菊芋の食感はシャリシャリしていて、とても斬新に感じるでしょう
CIMG0466.jpg


略してトマチー♪


めっさ簡単な料理です 載せるまでもないっちゃないのですが・・w
簡単で美味しいんだもん!!
居酒屋御用達ですね このメニュー ワインのお供にでも


材料 3人前
トマト      1個
とろけるチーズ  3枚
粗挽き胡椒    少々



手順
1、トマトを1.5~2センチに輪切りします

2、切ったトマトにそれぞれとろけるチーズを乗せます

3、粗挽き胡椒を振ります お好みで加減してください

4、アルミホイルを引いたオーブントースターで
チーズが少し色が変わるくらいまで焼きます(5分弱

5、完成


コツは・・完熟トマトを使うと水が出すぎるので
少し硬いのでやったほうが見た目はきれいに収まります

甘くてやわらかいのが好きなら完熟トマトでどうぞ

晩御飯に一品増やしたいときなど便利です
バジル乗っけてもおいしいですよ~♪
CIMG0456.jpg

ねばりサラダ(仮称 です


だって!! 名前なんてつけてなかったし!!
これもある意味、馬鹿でもできるって類の料理です
夏に特にオススメ


材料
なめこ(スーパーの真空パック) 2つ(160g?)
えのき茸(大き目のパック)   1つ(?g)
オクラ            12本くらい
醤油             少々
わさび            少々

パックで材料の量を書くな (# ゚∀゚);y=ー(・ω・)・∴ターン
1パック何グラムとかわかんないし・・後日修正します



手順
1、なべにお湯を沸かします 少し多めに

2、手持ちのザル(写真参照)にオクラを入れ 色が鮮やかになるまでゆでます(約2分くらい

CIMG0453.jpg

3、茹で上がったら水で洗って3ミリくらいの輪切りにします

4、2と同じお湯で、ザルを使いえのきをやわらかくなるまで茹でます(1分くらい

5、茹で上がったら水で洗って、しっかり水を切ります

6、4と同じお湯で、ザルを使いなめこを茹でます(約1分

7、茹で上がったら水で洗い、冷やしつつ無駄なぬめりを取ります

8、よく水を切った3、5、7をさらに盛り、冷蔵庫で冷やします

9、食べる直前にわさび醤油をかけ、かき混ぜていただきます



コツは・・なべのお湯は代えずに行うことで早く作ること(なめこからやると大惨事に)
しっかり冷やすこと、食べる直前にわさび醤油をつくりいれる事
ですね
時間がたつとわさびが効かないので(´・ω・`)
山芋の千切りを入れても美味しいですよー


大量に作れるので宴会によくつくってたりw
夏の前菜や日本酒のお供に~

          
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。